本文へスキップ

補聴器なら、補聴器ドクターの鹿児島中央補聴器まで

電話でのお問い合わせはTEL.099-230-0333

〒890-0046 鹿児島市西田1丁目15-6 GINYA BLD

HOME > 補聴器の種類

補聴器の基本知識medical info

 補聴器は、快適な「聴こえ環境」を耳元に創るとても小さいけど、なくてはならない頼もしいサポーターです。

補聴器の分類

■アナログ補聴器

 マイクロホンに入った音声信号(アナログ)をそのまま増幅し、イヤホンから出力するのがアナログ補聴器です。

■デジタル補聴器

 音声信号(アナログ)をいったんデジタル信号に変換、増幅やそのほかの複雑な音声信号処理をおこなった上で、ふたたび音声信号(アナログ)に変換してイヤホンから出力するのがデジタル補聴器です。

【デジタル補聴器の特徴】

 デジタル信号によって、雑音やひずみの発生が少なくなり、音質が非常にクリアです。 また、騒音の中で、会話音だけを際立たせたり、子音を強調して言葉を聴きやすくします。

補聴器のかけ型の種類

 大きく分けて、耳かけ型、耳あな型、ポケット型などがあります。 普及しているのは、耳かけ型と耳あな型です。

●耳かけ型

 耳にかけて使います。 操作は比較的かんたんですが、汗が入りやすいなどの難点もあります。

・機能が豊富なオールインワン
・スタイリッシュ
・小型で耳の後ろにフィットし目立たない

補聴器、耳かけ型

●耳あな型

 耳の中に収まるタイプで、目立たないのが特徴です。すっぽりと耳の中に入って外から見えにくい小型のものや、耳の入り口までくる大型のものがあります。耳の形状と聴こえの程度にあわせてつくるオーダーメイドが一般的です。

・ひとりひとりに合わせたオーダーメイド
・耳に入れるだけなので装用しやすい
・メガネも一緒に使える
・ズレにくい

補聴器、耳あな型

いろんな形の補聴器から自分に合うものをお選びいただけます。

補聴器選びのポイント

補聴器は両耳装用でないともったいない。

両耳でバランスよく聞くことは、脳にとっても大切です。

 普段、左右の脳は、それぞれ互いを助けながら働いています。脳をバランスよく働かせるためにも、左右両耳からバランスよく音を聞き取ることが必要です。

補聴器は両耳に


鹿児島中央補聴器のブログ
鹿児島中央補聴器のフェイスブック
お問合せ

→ アクセスマップ

鹿児島中央補聴器

〒890-0046
鹿児島市西田1丁目15-6
TEL 099-230-0333
FAX 099-230-0334

※電話応対は、年中無休
※定休日のご訪問可(要予約)

【営業時間】
平 日 AM9:30〜PM6:00
土曜日 AM9:30〜PM3:00
休日:日、祝日

認定補聴器技能者:登録番号9-1825
医療機器販売管理者:高2012MD077002

→店内風景

→ サイトマップ