本文へスキップ

補聴器と当店への質問は、鹿児島中央補聴器です。

電話でのお問い合わせはTEL.099-230-0333

〒890-0046 鹿児島市西田1丁目15-6 GINYA BLD

HOME > 鹿児島中央補聴器店へのQ&A

当店へのQ&AQ&A

お客様の疑問にお答えします!

Q1:どんな商品やサービスをしている会社ですか?

補聴器とそれに関連する機器の販売をしています。(電池・リモコン・DWA製品など)

Q2:補聴器には、どんな特長や機能があるのですか?

補聴器はどれを着けても聞こえるわけではありません。その人に合ったものを選択します。また値段と機能をお客様と相談しながら、その方に最適な補聴器を選びます。また、補聴器だけでは難しいテレビや電話に聞き取りを改善する関連製品をご紹介します。

Q3:従来のものや他社のものと、どう違うのですか?

各メーカーにより特徴が違います。お客様にニーズに合う補聴器と関連製品をご紹介します。

Q4:補聴器の使用で、どんないいことがあるのですか?

当初は慣れ(練習)が必要ですが、日常会話がスムーズにできるようになります。また、関連製品を利用することにより補聴器だけでは苦手なテレビや電話、大勢の中での会話を楽しむことができます。

Q5:補聴器を使うと、私の生活(未来)はどう変わりますか?

高齢者の場合、聞こえの低下→コミュニケーションの不足→認知症の助長もよく聞く話です。軽中度難聴者の場合、会話の聞き逃しがあり他人に誤解を与えたり自信を無くす可能性があります。これらを補聴器を装用することにより改善しQOLの向上が期待できます。

Q6:補聴器のリスクやデメリットは何ですか?

補聴器は耳に装着しないといけませんし、肉声とは違う電気的な加工された音になりますので、最初は、補聴器の装用の慣れが必要です。

Q7:私にも使えますか? 合いますか? 向いていますか?

補聴器装用には、補聴器の付け外しや音の違和感が最初はありますが、不満や要望を確実に伝えていただければ、それぞれの補聴器の性能もありますが調整を行い快適に使用できるようにします。ですので、補聴器を利用する方々もあきらめずに使用してください。

Q8:ほかの人(すでに使った人)は、それについてどう言っていますか?

様々な意見がありますが、ご購入後、ご本人と購入店で意思の疎通がうまくできていると非常に補聴器の評価は高くなります。一方、購入はしてみたもののあまり利用をしない、装用方法や音に不満があるのにほったらかしの方々の場合、値段が高いのに使えないという補聴器の評価が低い方々もいます。

Q9:専門家は、補聴器についてどう言っていますか?

初めての方には補聴器を購入後、必ず1日1回は補聴器を着ける練習と音を静かな場所(家の中)から短時間ずつ必ず聞く練習を促します。その中で、日常生活の音で必要な音と不必要な音をお客様に伺い、補聴器の再調整を行っていきます。聞こえを取り戻すためには補聴器を着けたら改善するのではなく、補聴器を購入してからが耳(聞こえ)のリハビリの始まりであることをお伝えします。

Q10:ずばり、いくらですか?

補聴器の機能・性能により幅広く片耳で5万円〜50万円程度となります。平均売価は片耳20万円ほどとなります。

Q11:なぜ、その値段なのですか?

補聴器をご利用になりたい方のTPOを考慮します。

年齢が若く、仕事やいろんな場面に接する機会の多い方には、機能・性能の優れた製品をお勧めします。逆に、高齢者で自宅で過ごすことが多い方々には高性能の補聴器は必要がないと思われますので、お客様のご希望にそった補聴器をご提案しています。

Q12:あなたから買わなければいけない(買ったほうがいい)理由は何ですか?

補聴器メーカー(国産・外資系)勤務27年、西日本の専門店、補聴器取扱店、耳鼻咽喉科、聾学校などで補聴器の調整を行いました。メーカー直結の技術とサービスで皆様がお持ちの補聴器のお世話をさせていただきます。

Q13:アフターフォロー(修理・メンテ・交換・返品・返金保証など)はどうですか?

ご相談に関しては、防音測定室・聴力測定器(オージオメータ)を完備していますので、より正確な聞こえ具合を測定できます。

点検では、最新の補聴器メンテナンス機器を導入しており、補聴器内部の湿気や汚れを徹底的に取り除きます。

部品交換の必要な修理は各メーカーへ送付し、不良箇所と修理を迅速にお願いしています。

万一、お作りした補聴器にご満足いただけなかった場合、お買上げの日から90日以内の再作・調整は無償で行います。

Q14:割引やオマケはありますか?

お客様のご要望にもよりますが、補聴器には欠かせない電池のサービスや補聴器と同時購入の場合、付属製品20%オフなど行っています。

Q15:今すぐ買わなくてもいいんじゃないのでは?

難聴は放っておくと、大きな音やいつも聞きなれた人の声はわかりますが、言葉を理解することが難しくなります。できるだけ早めに補聴器を着けていろいろな音を感じ、身近な人との会話を楽しんでください。

Q16:失礼ですが、鹿児島中央補聴器って信用できるのですか?

補聴器メーカー(国産・外資系)勤務27年、西日本の専門店、補聴器取扱店、耳鼻咽喉科、聾学校などで補聴器の調整を行いました。

昭和62年に国産補聴器メーカーへ入社。平成15年、外資系補聴器メーカー入社。平成26年4月 外資系補聴器メーカーを退社し、平成26年7月鹿児島中央補聴器を開店しました。お客様に近い、メーカーにも近い補聴器の専門店です。プロ中のプロと自負しております。

認定補聴器技能者:登録番号9-1825 / 医療機器販売管理者:高2012MD077002


鹿児島中央補聴器のブログ
鹿児島中央補聴器のフェイスブック
お問合せ

→ アクセスマップ

鹿児島中央補聴器

〒890-0046
鹿児島市西田1丁目15-6
TEL 099-230-0333
FAX 099-230-0334

※電話応対は、年中無休
※定休日のご訪問可(要予約)

【営業時間】
平 日 AM9:30〜PM6:00
土曜日 AM9:30〜PM3:00
休日:日、祝日

認定補聴器技能者:登録番号9-1825
医療機器販売管理者:高2012MD077002

→店内風景

→ サイトマップ